2010年 04月 01日
原富治雄氏写真展
本日、調整にだしていたカメラを梅田のキヤノンに取りに行ったら、担当さんが「原さん来てるよ」と、

私 「えっ、なんでぇ」
担 「下で写真展してるから」
私 「あああっ、なるほど」
担 「知り合いじゃないの」
私 「原さんとは、面識はあるけど、あまり話したことがないんですよ~」

なんて会話をして、カメラを受け取って地下のキヤノンサロンへよってみました。
顔を見たら、原さんも認識はしてくださったようで、軽く挨拶してから写真を拝見してきました。

とても、気持ちよい写真たちで、「ああっ、これはいい」という感じにつつまれて、幸せな感じがしました。

モータースポーツの写真展で、こういう感覚に包まれるというのも、珍しいのではないかと自分でも不思議な
感じがしましたが、ほかに表現も思い浮かばないので、しかたがありません。

写真は、理屈ではなく「視覚で聞く音楽」というかなんというか…そういう表現が良いのかどうか???

なんかそんな感じがした写真展でした。

ひと通り、拝見させていただいて、原さんとも談笑して、かえっきました。
今月のフォーミュラニッポン開幕戦鈴鹿には、久しぶりに国内フォーミュラの撮影に出かけるとのコトでした。
[PR]

by hunau | 2010-04-01 16:43 | 写真


<< 昼と夜      auも、やっと >>