2012年 11月 24日
新型アテンザ・ワゴンに試乗
アテンザ試乗した感想。
エンジン   ディーゼル
ボディタイプ ワゴン
ミッション  6AT
オプション  19インチタイヤ、セーフティーパッケージ

一言でいえば、素晴らしい出来栄えと個人的な好みでは言い切れます。
乗り心地は、硬くしっかりしてるなかにしなやかさがあり、ヨーロッパ系の車を連想させるもの、19インチというサイズを感じさせない足回りおさまりの良さや動き方は好感がもてます。

オーディオレスの状態のため試乗時は、音楽もラジオ番組もなしの無音。ディーゼルエンジン独特のカラカラ音がどれくらい室内で感じるのか気になっていたので、耳をそばだてていた。もちろん、そんだけ神経質に聞いていると「皆無」なんてことはありえず、ガソリンエンジンとは明らかに違う独特の乾いた音が、脳に届きます。

走り出してしばらくも、音に関して神経を尖られていたので、この車がガソリンエンジンではなくディーゼルだと確認することはたやすかったものの、なにも知らされずに助手席に乗ったらもしかしたらまったく気が付かないかもしれないというくらいのレベルであると感じた。

強大なトルクを低回転で生み出すディーゼル・ターボ・エンジンではあるものの、ゆっくりアクセルを踏み込めば非常にジェントルに走り出し、のけぞるような加速を唐突に演じるようなことはもちろんなく、するすると走り出す。回転数が低い状態からぐっと踏み込むと乾いた独特の音(ディーゼルぽさは強い)で猛然と加速していくが、あえてそれが必要であるわけでなく、走り出してから流れに乗るのはあっけないくらい簡単なことだった。

いつも、RX-8で走っている道を、試乗コースとして選んで走ってみたが、19インチというサイズ、45扁平のタイヤを特別意識することは全くできなかった。

信号待ちでエンジンが停止する i-Stopは非常にすぐれもので、ストンとエンジンがとまり、ブレーキから足を離すと瞬時にエンジンが復帰する。信号が青に変わっても、前の車に遅れることなく走り出せる。

セーフティーシステムで面白かったのが、後車をレーダーで探知して存在を教えてくれるシステム。走行中に右後ろでも左後ろでも、ある程度の近い距離に追走車があるときには、バックミラーの中に「斜め後ろに車がいます」と教えるオレンジ色のインジケーターが浮かび上がる。さらに、その状態でウインカーを操作すると、「危険ですよ」と知らせる、アラームが鳴りだす。お節介と言えばお節介だけど……それでも、「ハッとしたことがないのか」と言われると、確かに経験があるので、もしかしたら助けられることもあるかもしれない。

標準でラジオが装備されていないなど、オーディオ関係の販売姿勢に関して腑に落ちない点はいくつかあるのだけど、車の出来は上機嫌にさせてくるものだったのは間違いなく、どうしたものか楽しい悩みとなっているわけです。
[PR]

by hunau | 2012-11-24 11:30 | 日常


<< Happy New Year      2012 SuperGT Ro... >>