2016年 03月 29日
D40 D55
アコースティックギターはみんな同じような感じではあるが、いくつかの形に分類されている。同じ形に分類されていても、メーカーやグレードなどにより少し形が違うことがほとんど。

その中のひとつにドレッドノートと呼ばれる形のギターがある。
ドレッドノートとに分類されていても、それぞれ特徴をもっているよう。
私はギルドのドレッドノートがとても美しいと勝手に思っている。

そうそう、私は「アコギ」という呼び方が嫌い。

関西人なのでたいていのものは縮めて呼ぶのが日常ですが、「アコースティックギターをアコギと呼ぶなっ」と勝手に叫びたくなる。

前はフォークとクラシックくらいにしか分かれていなかったけどなぁ

「エレキ」に対して「アコギ」ってことなのか、それなら「アコ」だけでいいはず。
セミアコ、フルアコとか昔からの呼び方もあるけど、それらに「ギ」はついてないし。

まっ、なんといっても、いいたいのはっ

アコギって呼ぶなっ

って、ことかな。

c0009443_16355879.jpg

c0009443_1636241.jpg

c0009443_16364889.jpg
c0009443_16423088.jpg


c0009443_1637017.jpg

c0009443_16371333.jpg

c0009443_16372124.jpg

c0009443_16365227.jpg

c0009443_1638254.jpg

[PR]

by hunau | 2016-03-29 16:41 | 音楽


     35年ぶりにギルドを購入 >>