2005年 12月 10日
はじまり
一番最初に手にしたカメラは、すでに手元には無いと思われる。実家を家捜ししても出てこないだろう、小学校の低学年の時に夜店みたいなところで買ってもらった、おもちゃのようなおもちゃで無いようなそんなカメラだった。

小学校6年生のころに、カメラ店に通った話はすでに書いているけど、中学入学時にカメラを買ってもらう約束をしていたから、カタログ集めにもちからが入った。その時は、自分ではキヤノンの一眼レフを買ってもらうつもり満々でいた、F1を頂点にEF、FTbというラインナップだったと記憶している。F1もEFも高嶺の花で、到底無理。FTbならもしかしたら買ってもらえるかもしれないと、希望に胸は膨らんでいた。

当時の物価などから、親にしてみれば、かなりの高額の買い物であることは間違いない。子ども言う通りに勝ってやるわけには行かないのが、当たり前。こっちは、そんなことはお構いなしに、ワクワクしている。

四国出身の母親(高校野球で有名なあの池田高校がある阿波池田)の兄弟の多くは、大阪に出てきている、おじさんたちは皆、カメラ好きだったらしい。そんなことは全然知らなかったが、府営住宅に暗室を作ってしまうくらいのマニアだったようだ。だから母親は、おじさんに相談するのは極自然な流れ。

当時は、カメラ道楽は家をつぶすとか言われていたようだが・・・・

そして、いよいよ購入に出かけるといことになった、おじさんの行きつけの店に連れて行ってもらって、あれこれと話をしたが、結局最初から一眼レフは無理じゃないかという方向に話がすすんでいる。「えええっ、そんなあ」というところだが、様々な事情があるのも事実でしかたない。結局
買ってもらったカメラは、Canonet QL17 GIIIだった。

1975年の春のことかな、今から30年も前かぁ・・・・不思議な気分になりますね。

そして、ある意味でこれが、カメラに本格的に関わる最初の愛機ということになる。

そのカメラは、今も手元にある、巻き上げレバーを操作してシャッターは切れるけど、さて写るかどうかはまったく分からない。
c0009443_1103910.jpg

[PR]

by hunau | 2005-12-10 01:11 | 写真


<< 出会い      ストレージデバイス >>