2006年 03月 16日
EPSON R-D1s
現在、唯一のレンジファインダー・タイプのレンズ交換式デジタルカメラEPSONのR-D1がブラッシュアップされてR-D1sとなって発売されることが、発表されました。これは・・・・・欲しい。



もともとR-D1も欲しかったけど、結構値が張ったので、手がでなかった。R-D1sになって少し値がさがって、機能的にもさまざまな見直しがされているらしい。

EPSONいわく「後継機ではない。完成型である」ということなので、楽しみですね。



---------------------------

いやぁ、まずいっ。5D手放してでも欲しい気分になってきています。
こりゃそうとうまずい・・・。

ただし、私の5Dは扱いがよくないので、あちこち擦り傷など多数ですから、いま手放しても価格的にはつらいでしょうが・・・。

そういえば、今年は3年かけていたお小遣い用定期預金の満期がくるはず・・・それで買うか、ルマンもいけないかもしれないし、それなら充分予算が出るぞ・・・・そんなことばっかり考えているところが、そうとうまずい。

もともと、前にも書いたような記憶があるのですが、私はOMシリーズのデジタルカメラが欲しいと思っていました。あの大きさ、そして全部機械式、シャッターの巻き上げもレバーで、とにかくフィルムが撮像画素に置き換わっているだけの、マニュアルカメラが欲しいと思っていました。

そこに出たのがR-D1でしたが、価格が30万円を軽く超えていたので・・・「これは、つらいよほどのきっかけがないと買えないなあ~よしっ! しばらく待って中古が出始めたら、Yahooオークションで探そう」と思っていたものの、意外に中古の出もすくないし、価格も落ちない。

そして、ブラッシュアップさたれR-D1sは、25万円前後というから、しばらく粘れば20万円前後になりそう、場合によっては20万円を切った中古が出てくることも考えられるでしょう、よしよし。これをじっくりと待とう。その間、どんなレンズを組み合わせるのがいいか、にまにまと考えるという楽しみもできそうですわっ。
[PR]

by hunau | 2006-03-16 16:39 | 写真


<< 06GT01 PP      マセラティは参戦見送り >>