2006年 07月 13日
あああっ、楽しい
写真を撮り始めて、どれくらいたつだろうか・・・・小学生の時にお祭りの夜店で買ってもらったブリキみたいなカメラが最初だったから、それから思えばもう歴史的な時間が流れたかな。

何度か、写真を撮るのが楽しくて仕方ない時期をすごして、ちょっと遠のいて、また撮って、遠のいてと言う感じで過ごしてきたけど、R-D1が手元に来てからのこの二週間ほどの期間は、もしかしたら写真を撮ることが楽しかった最盛期に最も近い状態か、それ以上に楽しいのかもしれない。

それは、やはりすばらしい先輩であり、写真を愛する仲間である宮田さんとの出会い、そして共通してR-D1というレンジファインダー・デジタル・カメラに、どっぷりとハマってしまっていることが、大きなウエイトを占めているのは間違いない。

みなさん、もう見に行きましたか宮田さんのプライベートblogの写真を、ほんとうにため息がでます。

そういう写真を見せられると、おばかな私は、「自分も宮田さん見たいに撮らねば」なんて一瞬思ってあせるわけです。やっば、小さいなあ~。

でも、それは大きな間違いで、私が宮田さんの写真を目指して撮っても、それはなんの意味も持たない。そして、宮田さんに深い落胆の意を抱かせるだけ。

今のこの写真の楽しさは、宮田さんの写真を見て刺激を受けることも楽しさのひとつなのだけど、自分が自分らしく写真を撮れるという自由な空間を持てるという今を楽しむこと。

制約というのは、なにもなくて、単純にR-D1で撮りましょうね~みたいな感じです。

よしっ、次いってみようかぁ~

あっ、朝だよ~もう・・・新聞配達のバイクの音が・・・・・
ん??? 巴里じゃ新聞配達のバイクの音で朝を感じるということは、ないのかな???
[PR]

by hunau | 2006-07-13 05:52 | 写真


<< なんだ、なにが来た      高いっ!! >>