2006年 07月 30日
R-D1、R-D1sのピント二重像「縦ずれ」調整
c0009443_031360.jpg
c0009443_032338.jpg
ストロボを取り付けるシューには、薄い金属のカバー兼、板バネが取り付けられていて、これをはがさないと、シューは取り外せない。マイナスドライバーでこじってもOK。しかし、傷がつくので割り箸などをけずって、へらを作って、こじるようにしたほうが傷がつきにくい。これをはずすのが一番めんどくさい。
c0009443_2349548.jpg
ストロボシューのばねをはずすと、シューを止めている4本のネジがみえる。
c0009443_235019.jpg
4本のネジを外すと、シューは簡単に取り外すせるので、ネジをなくさないように注意して、取り外す。
c0009443_23501284.jpg
シューを取り外すと、小さな穴が開いている。
真上から見ても、ピント二重像の調整用のネジは見えにくい。
c0009443_23502186.jpg
ピント二重像の調整ネジは、マイナスネジ。
少し右側の奥にある、ストロボの配線と思われる水色のコードが邪魔になり見えないかもしれない。
ファインダーをのぞきながら、このネジを精密ドライバーなどの小さなドライバーで左右に回すと像が上下するので、ずれを調整してください。
[PR]

by hunau | 2006-07-30 00:00 | カメラ・レンズなど


<< 夏の非常食      謎ElmarとR-D1 >>