2007年 07月 12日
「出ましたね」 「いいえ、出したんです」
メジャーリーグで活躍し、頂点のレベルにたどり着き、さらに進化を続ける感のあるイチロー選手。

昨日のMVP獲得のインタビューで、記者からの「今日は、3安打出ましたが」との
質問に対して「出したんです」というニュアンスの答えをしている。

彼の言葉には、ひとつひとつとても深い意味を持っていることに気がつく。

「出ましたね」は、「出た」につながり、「出た」という語意は、「偶然起こったこと」につながる。
「出した」は、動的に自らが生み出すという意思のもと、行動した結果である。

安打は偶然出たのではない、彼が打つつもりで挑んだから生まれてきた。

このことは、なんにでも当てはまる・・・・重い言葉を耳にしてしまった。

写真も同じ、「撮れた」んじゃない、「撮った」んだ。

そうでなければならない。
[PR]

by hunau | 2007-07-12 19:36 | 写真


<< 台風一過の青空のように      EOS 1D MarkIII ... >>