2008年 01月 23日
そろそろやばい・・・
何が起こったかそれは、自分が一番よくわかっている。
成し得たか、成し得なかったか??

07年は転機の年となった。それまで、漠然とやっていたことに、ひとつの終着点を作ってしまった。
何の気になしに、発した言葉でもタイミングによっては、動かないはずの巨大な石がいとも簡単に転がりだしてしまう。

動き出してからびびっても、もう遅い。

漠然と取り組んでいたことに、突然目的が生まれたことに振り回されてしまったと言うほかない。

その結果どうだったか、自分が一番よく知っている。
過去8年間撮影して、9年目となった07年の撮影は「最低」だった。

そう、自分が一番よくわかっている。

今年は、自分の撮影として10年目を迎える。

どれだけ、自然体を取り戻し、自分に戻れるのか・・・
10年という月日は、無に等しい???

いつも新しい、いつも初めて出会うシーンの撮影がそこにあるはず。
見つけなければならないのではなく、目に飛び込んでくるすべてが新しい物語である。

見つけるのではない、見逃してはならないのだろう。
[PR]

by hunau | 2008-01-23 05:02 | 写真


<< EF200 F2.0      普通~に食べられへんのかいっ >>