2008年 04月 17日
データ保存用にHDDを
年々膨大になるばかりの、デジタル写真データ・・・・

撮影してきたデータは、保存用にまずハードディスク(HDD)に、移動します。その後、本来ならDVDやブルーレイ(BD)に焼いて保存しなければならないわけですが・・・

あまりに膨大なのでついつい後回し・・・HDDをどんどん追加購入して行くという状態。

最初のころは80GBくらいのHDDだったのが、120GBになり、160GBになり、そして250GB、320GBときて現在主流は500GB・・・・そのうち、1TBに切り替わっていくんでしょうね・・・

って、そんな悠長なことをいっている場合ではない。

HDDも進化をしていて、以前主流だった接続方式IDEから、最近ではSATAに本格的に切り替わってきた・・・

私も07末に新しいPCを導入してからSATAのドライブを接続できる環境になったので、今後はSATAのHDDを使うようにしようというわけで、いろいろと考えている振りをしてみたりして・・・・

本当は、考えること自体がめんどくさいので、成り行き任せなんですが。

でも、シーズンが始まってしまったら、そんな悠長なことも行ってられなくて、持って帰って来た膨大なデータを保存しないわけには行かない。

そこで、SATAのHDDが2台入るケースを購入した。

裸族の二世帯住宅」というユニークなネーミングのこのケース、値段の割りになかなか優れものだと、勝ってに決め付けて導入したものの、SATAの本来の力を発揮するには、外付けSATA機器を接続するためのeSATAというコネクターがPCに装備されていなければ、接続ができない。そうなのです、我が家のPCには、内部はSATAで接続できる環境になったものの、外付け用のeSATAコネクターは標準では、装備されていなかったわけです・・・

これは、自分でeSATAのインターフェースカードを購入してきて、PCに増設しなければならない。

ただ、「裸族の二世帯住宅」には、USBコネクターもあるので、eSATAを導入するまでのあいだ、転送速度がeSATAで接続するより遅くなるとはいえ、USBで接続して使うことができる。

はいっ、そのとおり・・・大正解。

eSATAのコネクターをPCに取り付けるのがめんどうだから、当然USBで使っていました。
しかし、どうも不安定な動作をする・・・困ったもんだ。

最初はHDD本体に不具合があるのかと思って、新しいHDDを買ってきてみたものの同じ症状がでるので、しかたなく・・・eSATAインターフェースを購入して昨日取り付けた。

やはり、USBでの接続がなんらかのネックなっていたようで、問題なく動作するようなったという顛末記でありました・・・・

いったい・・・なにが言いたいのやら???
[PR]

by hunau | 2008-04-17 16:30 | 写真


<< 今年は・・・・      一式・・・・メンテナンスに >>