カテゴリ:日常( 472 )

2014年 01月 01日
謹賀新年
あけまして、おめでとうございます。
ブログさぼりつつも、新年がきてしまいました。
c0009443_13211873.jpg

今年も、たくさんの人との出会いと、すばらしいシーンとの出会いがありますように。
[PR]

by hunau | 2014-01-01 13:23 | 日常
2013年 01月 01日
Happy New Year
c0009443_1230610.jpg

[PR]

by hunau | 2013-01-01 12:29 | 日常
2012年 11月 24日
新型アテンザ・ワゴンに試乗
アテンザ試乗した感想。
エンジン   ディーゼル
ボディタイプ ワゴン
ミッション  6AT
オプション  19インチタイヤ、セーフティーパッケージ

一言でいえば、素晴らしい出来栄えと個人的な好みでは言い切れます。
乗り心地は、硬くしっかりしてるなかにしなやかさがあり、ヨーロッパ系の車を連想させるもの、19インチというサイズを感じさせない足回りおさまりの良さや動き方は好感がもてます。

オーディオレスの状態のため試乗時は、音楽もラジオ番組もなしの無音。ディーゼルエンジン独特のカラカラ音がどれくらい室内で感じるのか気になっていたので、耳をそばだてていた。もちろん、そんだけ神経質に聞いていると「皆無」なんてことはありえず、ガソリンエンジンとは明らかに違う独特の乾いた音が、脳に届きます。

走り出してしばらくも、音に関して神経を尖られていたので、この車がガソリンエンジンではなくディーゼルだと確認することはたやすかったものの、なにも知らされずに助手席に乗ったらもしかしたらまったく気が付かないかもしれないというくらいのレベルであると感じた。

強大なトルクを低回転で生み出すディーゼル・ターボ・エンジンではあるものの、ゆっくりアクセルを踏み込めば非常にジェントルに走り出し、のけぞるような加速を唐突に演じるようなことはもちろんなく、するすると走り出す。回転数が低い状態からぐっと踏み込むと乾いた独特の音(ディーゼルぽさは強い)で猛然と加速していくが、あえてそれが必要であるわけでなく、走り出してから流れに乗るのはあっけないくらい簡単なことだった。

いつも、RX-8で走っている道を、試乗コースとして選んで走ってみたが、19インチというサイズ、45扁平のタイヤを特別意識することは全くできなかった。

信号待ちでエンジンが停止する i-Stopは非常にすぐれもので、ストンとエンジンがとまり、ブレーキから足を離すと瞬時にエンジンが復帰する。信号が青に変わっても、前の車に遅れることなく走り出せる。

セーフティーシステムで面白かったのが、後車をレーダーで探知して存在を教えてくれるシステム。走行中に右後ろでも左後ろでも、ある程度の近い距離に追走車があるときには、バックミラーの中に「斜め後ろに車がいます」と教えるオレンジ色のインジケーターが浮かび上がる。さらに、その状態でウインカーを操作すると、「危険ですよ」と知らせる、アラームが鳴りだす。お節介と言えばお節介だけど……それでも、「ハッとしたことがないのか」と言われると、確かに経験があるので、もしかしたら助けられることもあるかもしれない。

標準でラジオが装備されていないなど、オーディオ関係の販売姿勢に関して腑に落ちない点はいくつかあるのだけど、車の出来は上機嫌にさせてくるものだったのは間違いなく、どうしたものか楽しい悩みとなっているわけです。
[PR]

by hunau | 2012-11-24 11:30 | 日常
2012年 09月 03日
1962年生まれの鈴鹿サーキット
鈴鹿サーキット50周年記念イベントの撮影をして思ったというか、思い出したことがありました。

高校を卒業する時に、心に刻んだたったひとつだけの自分の掟。
「あの頃は良かった」だけしか言わないつまらない大人にならないこと。
「あの頃は良かった、でも今はもっと良い」そう言って、へらへら笑っていられるおっさん、そしてじじいになること。

年老いたヒーローの姿をみたらがっかりするんじゃないかと、ちょっと思っていた。しかし、伝説と称されるライダー、ドライバーが子供のように嬉々としてマシンを駆り、サーキットを疾走する姿に、おれはまだまだだなぁ~と、つくづく思いました。

そして、有り得ないようなメンバーを世界から集め、マシンを集め、日本・世界の自動車、オートバイ会社のお偉いさんを集め、そして熱い熱いモータースポーツファンが集ったこのイベントを成功させた鈴鹿サーキットと、この鈴鹿サーキットを50年前に創造した本田宗一郎氏に敬意を評するとともに、心から感謝します。
[PR]

by hunau | 2012-09-03 22:09 | 日常
2012年 05月 09日
真実の鏡
昨日は誕生日でした。
お祝い代わりにこんな占い的なものをいただきました。
これが、あまりにも当てはまっている部分が多くて、びっくり!
というか、95%くらい的中しているようなで、すでに怖いというかなんというか。

「真実の鏡」
本当のあなたは、努力が大嫌いです。
本当のあなたは、簡単に恋に落ちます。
本当のあなたは、強く迫られると、断れません。
本当のあなたは、人の言うことを十分に理解できません。
本当のあなたは、騙されても懲りない性格です。
本当のあなたは、お金を使うと安心します。
本当のあなたは、イヤなことは、徹底的に避け続けます。
本当のあなたは、自分の人生を持て余しています。
本当のあなたは、簡単に恋に落ちます。
本当のあなたは、進んで深みにはまっていきます。
本当のあなたは、ワケアリの異性に溺れます。
本当のあなたは、強く迫られると、断れません。
本当のあなたは、貢ぎ体質です。
本当のあなたは、異性のウソにコロリと騙されます。
本当のあなたは、幸せな恋では、物足りません。
本当のあなたは、先天的な恋の方向音痴です。
本当のあなたは、スキャンダルが快感です。
本当のあなたは、痛い目にあっても、懲りません。
本当のあなたは、禁断の木の実を食べてみたくて仕方がありません。

真実の鏡に、人待ち顔のあなたの姿が浮かび上がりました。
退屈しきったあなたの姿です。
たくさんの取り巻きに囲まれているのに、ため息ばかりついて、ちっとも楽しくなさそう。
いつ、どこから声がかかってもいいように、何をするわけでもなく、ぼんやりと物思いに沈んでいます。
実際、誰かが何かを変えてくれるはず、そんな予感を胸に抱いて、毎日を過ごしていそうです。
運命の人と出会えれば、本当の人生が始まり、真実の自分になれると心のどこかで本気で信じているはず。
言い換えれば、それまでは、仮の暮らしに甘んじているのでしょう。
とはいえ、一抹の不安も見え隠れしているよう。
もしかしたら、運命の人があなたに気づかずに、通り過ぎてしまったという疑惑も打消し切れないはず。
もう待ちくたびれたというのが、本音かもしれません。
もし、確信が揺らぎ、焦りを感じているのなら、ライフスタイルを変えるべきです。
受け身の生き方を返上して、自分から幸せを探しにいかなくては!
積極的に動きだせば、用意された以上の運命を引き寄せることもできるはずです
[PR]

by hunau | 2012-05-09 16:43 | 日常
2012年 04月 24日
iBooks Author に期待
 完全なWin使いであるにも関わらず、iPadやiPhnoneようにiOSアプリを作成したいとうことだけで、Mac Book Proを導入したももの、なかなかアプリを完成させるにいたっていなかったが、最近iBooksで読む電子書籍を作成するiBooks Authorというソフトがアップルからリリースされていることを知ったのだが、これがかなり期待できそう。しかも、無料。

 しかし、私の現時点でのMac Book ProにインストールさているOSでは動かないということで、即剤に最新の通称「LION」にバージョンアップもした、そしてiBooks Authorをダウンロードしてインストール。

 さっそく、ちゃちゃといくつか試してみた。

 ためしに作った電子書籍は、手持ちのiPadに転送して実際に動作させて検証確認ができるのも楽しい。

 これで、さまざまなコンテンツをつくって配布することが可能になるのだけど、無料での配布には特に制限はないものの、有償となるとiBooks storでないとダメという条件がある。しかし、まだiBooks storには日本語の電子書籍販売の場がないという変な状況になっている。

 無料で配布したとしても、iBooksがインストールされているiPadでしか読めないという制限もあり。これは、ちょっと配布先を狭めているようにも思う。

 iBooksを様々な機種やOSで使えるバージョンを配布したら、この先電子書籍のマーケットで大きな力になりそうに思うので、ぜひともアップルさんは、Mac OS用はもちろんのこと、アンドロイド用とかWindows用のiBooksをリリースして欲しいものです。
[PR]

by hunau | 2012-04-24 23:48 | 日常
2012年 02月 20日
HPをリニューアル
長年、放置していたホームページをリニューアルしました。

http://koba58.com/

wordpressというシステムを導入して、HPの構築をやり直しました。
数日前に思いついて、始めたのでそれなりに時間がかかりました。

というよりは、思ったデザイン(wordpressではテーマと言う)がみつからずに、それを探すのに時間がかかってしまって、実作業の方でもまず固有名詞を把握するところからはじめなければならなくて、時間を食いましたが。

現代はネット社会、ちょっとその気になれば、検索して調べればなんとかなります。

見やすくなったかどうかは、わかりませんが、これからギャラリーの設置なども手がけて行く予定です。

まだ、できあがったぞっというところまでには、なっていませんがとりあえずここらで公開しておいて、さらに続きをちまちまとやっていこうと思っていますが、さてまた放置になってしまわないか心配です。
[PR]

by hunau | 2012-02-20 00:31 | 日常
2012年 02月 13日
同窓会
土曜日は、高校の同窓会でした。
学年全体11クラスの同窓会で、参加人数が196名。

ん十年ぶりに同窓会で、全く変わってない奴や、面影がある奴、ほんまに誰が誰かわからんくなってるにやら、もともと知らんかった奴まで様々。

なんやかんやで、撮影係やってました。
カメラ持ってると落ち着くんで。
一次会は、テーブルに座ることもなく、フロアを駆け巡ってました。

その反動で、二次会で飲め飲めと、薦められまくって飲みすぎて翌日はダウンしてましたが。
[PR]

by hunau | 2012-02-13 09:52 | 日常
2012年 01月 01日
2012
c0009443_246439.jpg

[PR]

by hunau | 2012-01-01 02:46 | 日常
2011年 12月 30日
aoさんの災難
クリスマスにaoさんがやってきてくれました。
c0009443_23585094.jpg
トッポギのスナック菓子です。袋の色から想像できるように、そこそこじんわりと辛いんです。
c0009443_2359412.jpg
aoさんそれは、食べへん方がええと思うよ
c0009443_23591817.jpg
「まあまあのお味かしら」
c0009443_00324.jpg
「あれ、なんだか変ですわ」
c0009443_23593385.jpg
「舌がしびれてきてますのんよ」
c0009443_01631.jpg
「ぎゃ~」
[PR]

by hunau | 2011-12-30 00:03 | 日常