<   2005年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2005年 10月 31日
白物家電????
今回、美祢・下関の往復は、知り合いの「家電自動車」プリウスに同乗して行きました。

往復の平均燃費は、約18km/Lという感じ。諸般の事情で、ちょっと急ぎ気味となった点で、20km/Lオーバーの数字はでませんでしたが、急がなかったら確実に20km/Lを上回ると思われました。
c0009443_22363633.jpg
行きも帰りも少しずつ運転させてもらいましたが、不思議な車でもあります。まず、キーがいわゆるキーではなく、最近の車によくあるドアロックを制御するリモコンみたいな感じで金属のギザギザした鍵の部分はまったくありません。それを、ダッシュボードの差込口に差し込んで、その横にある丸い「スタート」ボタンを押すと、スイッチが入ります。

「エンジンがかかります」ではなく「スイッチが入ります」という表現になるのは、その時点でエンジンがかからないからです。ジョイステックみたいな、セレクターレバーを操作して選べるのは、「D(ドライブ)」と「R(リバース)」のみと言ってもいいくらいシンプルなもの。

「D」をセレクトして、アクセルを踏み込むと、「すーっ」と無音で走り出します。この時点では、まだエンジンがかかっていません、モーターで走っている状態です。ある程度速度が上がるとエンジンがかかり、さらに加速していきます。無段階で変速する??? ので、変速ショック的なものは皆無でATとも違う感覚です。

不思議な感覚で走る車ですが、その燃費の良さは嬉しいし、極端に違和感があるわけでもなく、快適に長距離を走り抜けました。

将来、こういう車が増えていくのは、当然のことで私もいつかそういう車を選ぶようになるのかもしれないと思いながらも、MINEサーキットを駆け抜けたルマンを制したロータリーエンジンの雄叫びが耳に残り・・・・ガソリンの無駄遣い車をしばらくは乗り続けるんだろうなあ、と思ったわけです。

EOS 5D SIGMA 12mm-24mm
[PR]

by hunau | 2005-10-31 22:37 | 日常
2005年 10月 29日
LeMans
c0009443_2305960.jpg
Le Mans Classic Japan

EOS 5D SIGMA 12mm-24mm
[PR]

by hunau | 2005-10-29 23:04 | モータースポーツ
2005年 10月 29日
歴史
c0009443_22233225.jpg
MAZDA 787B
c0009443_22232125.jpg
PORSCHE 911 GT-1
c0009443_22234397.jpg
AUDI R8

共通点は???

EOS 5D EF500mmF4.0
[PR]

by hunau | 2005-10-29 22:25 | モータースポーツ
2005年 10月 26日
脱出不可能????
昨日、車で買い物に出て、自宅まえでトランクから荷物を降ろそうと思い、車から降りようとしたら、なんとシートベルトが外れない。リリース用のレバーを押し込もうとしても、びくとも動かない。

えっ??? なんで???

じたばたしても、どうにもならない。これは、焦る。単純に降りれないという状態だけど、とても焦る。これで、トイレをギリギリまで我慢していた状態だったらどうなるんだ。いや、そんなアホな状況より、本当のエマージェンシー時ならどうか・・・・・。

実は自分の車には、そういうエマージェンシー時用に窓ガラスを割って脱出するためのハンマーとシートベルトをカットするカッターが一体になったアイテムを乗せてはある。しかし、今この状態でシートベルトを切ってしまってどうする。

原因は、羽織っていたジャケットのポケットについていたファスナーの開閉用の小さな取っ手。これが、どういう具合か見事に変なところに噛み合ってしまって、挟まっている。そして、その取っ手が、ストッパーの役割をはたして、リリース用のボタンが押し込めないようになっているので、ベルトのバックルがリリースできない状態になった。とにかく、ガレージに車を突っ込んで、ジャケットをなんとか脱ぎ、シートを倒し、シートベルトの隙間から這い出した。

挟まっている取っ手を外そうと、色々な角度にして引っ張ってみる、結構動き回るのだけど取れない。取っ手の端っこ部分が微妙にふくらんでいるのがひっかかって、隙間から出でて来ない、なかなかはずれない。10分ほど格闘したあげくに、もう千切れてもなんでもいいやっと思って、力を込めて引っ張ったらスコンと抜けた・・・・。
[PR]

by hunau | 2005-10-26 10:43 | 日常
2005年 10月 26日
いろいろとねぇ
 今使っている携帯はTU-KAです。99年に東京に単身赴任していたときに、住んでいた横浜市綱島のラーメン屋で食事をした帰りに、出口で三角くじを引いて当たりが出て、もらったもので、1回機種変更をしていますが、それももう数年前。そろそろ、機種変更をと考えたのですが、今住んでいる関西のTU-KAと契約した東京のTU-KAでは、エリアや会社が違うということで、関西に契約変更しないと関西では機種変更も出来ません。契約変更をすると番号もメールアドレスも変るので、色々支障がでそうで変更ができないままでした。

 この三角くじですが、3日後に同じラーメン屋で食事をした際にもまだやっていました。今度もまた、「引いてください」というので、引いてみたらまた携帯電話があたりました。こりゃ、いくらなんでも変だ「全部あたりじゃないの」と前回とは違う係りの女の子に話したら、横にいた男性係員に「たしか全部で10本ですよね」と言っていた。10本のうち2本引いてしまったのか、そこで人生の運を使い果たしたに違いない。

もてぎに行ったついでに、機種変更をしてこようと考えていたのですが、運良くもてぎから、ホテルへの道で宇都宮のTU-KAを見つけたので、飛び込んで機種変更の話を聞きました。手続き自体はOKということで、さてどの機種にするという話になって、気になっていた機種の価格を見ると一番割安になる契約期間が22ヶ月以上という枠に私の場合は当てはまるのですが、それでも価格は17000円+消費税。

げっ、なんでそんなに高い!!

なぜって、関西の携帯ショップで見たとき同じ機種が新規契約だと「0円」だったから・・・・・

「たまっているポイントが6000円分あります」と言ってもらったけど・・・・「またにします」とかえって来ました。

写真は・・・文章と無関係です・・・はいっ。

c0009443_192324.jpg

EOS 1DMarkII EF500F4.0
[PR]

by hunau | 2005-10-26 01:16 | 日常
2005年 10月 24日
新しい道
 服部選手が、今季でフォーミュラから卒業すると発表した。
「最年長」とアナウンスされるようになって、もうだいぶんたつね、と話していた。
新しい道を歩くので、引退ではなく卒業という言葉を使いたいと、チーム代表は話した。
c0009443_2220513.jpg
EOS 1DMaikII EF500F4.0
c0009443_1717231.jpg

c0009443_17215666.jpg
EOS 5D EF500mmF4.0
[PR]

by hunau | 2005-10-24 22:23 | モータースポーツ
2005年 10月 24日
トンボじゃなかった・・・・
c0009443_2163958.jpg
 日曜日、朝は雨が残っていたのですが、FNの決勝は晴れました。
この季節の太陽は低くて、比較的早い時間でも光が斜めから差し込むので、
太陽の位置を考えてうろうろすると面白い光を見つけられます。
そして、5Dの描写テスト・・・・って、わけじゃないですが、
フレアやゴーストが出てもこういうカットを撮りたくなるともあったりして。

データを点検していたら、画面にゴミのようなものが映っている、
良く見るとゴミではなく羽根があるので、トンボかなとおもっていた。
(写真をクリックして、拡大して見てください、真中の上の方に何か写っています)

EOS 5D SIGMA 12-24mm
[PR]

by hunau | 2005-10-24 21:08 | 写真
2005年 10月 21日
来たら・・・・凄い????
期待の若武者、塚越広大くん。本当にささやかな縁で、かなり前に焼肉を一緒に食った。ただ、それだけ。それだけだけど、それでも応援したくなるというのも人情。今回のもてぎでは、久しぶりに会って話をした。「覚えてないよね」と振ると「えっ、ちゃんと覚えてますよ、鈴鹿で焼肉食べましたよね」と・・・・うれしいねぇ、これじゃ、ますます応援しないわけには行かないっ!!
c0009443_2346153.jpg
↑クリックして拡大してみて!!!

5Dを本格的にモータースポーツで使用してみました。まだ、感触的には「????」な部分もあるのですが、かなりいい感じです。特に、1280万画素の威力は、来た時にはそりゃもう感激します。
これは、同時記録のJPEG/スモールですが、まったくレタッチなど手を加えていない、吐き出しの生の画像にちかいものです。これのRAWから現像した100%画像はほんと凄いですよ。
EOS 5D EF500mmF4.0
[PR]

by hunau | 2005-10-21 23:49 | 写真
2005年 10月 20日
CM大好き・・・だからCM革命
「印象に残るCM」という質問が出たら、どんなCMをあげますか。

私は、CMが大好き。CMは短いと15秒くらい、もっと短い枠もあるのかもしれません。
そんな短い中で、宣伝するわけです。知らせるわけです。説明するわけです。印象付けるわけです。

CMに携わっている方々の苦労は、想像を絶するモノでしょう、それでも日々新しいCMが生まれてくる、そして、名作も生まれてくる。

新しい映像技術の数々、そしてそのひとつコンピューターグラフィックを使ったもの、昔(いつが昔だろう)なら「どうやって、撮ったの」と言うような、トリッキーな映像も今では、当たり前(ここで、「当たり前だのクラッカー」という名台詞使っても・・・)、驚きもしなくなっている。

CMは進化を続けている。でも、進化が止まったCMも多々あり、いつまでも語りつがれるCMとなっているモノだってある。

今回は、そんな記憶に残るCMを列挙したいのを、ぐっとこらえて・・・・

おそろしく記憶に刷り込まれるCMを作る達人たちに、試してもらいたいものがある。それが表題の「CM革命」なのだけど、CMで使われた音楽や歌や台詞が常に頭に残る。子どものやわらかい頭は、すぐに覚えてうたいだす、真似をする。社会現象化するようなCMもある、そんなに影響力があるのなら、いろんな知識を詰め込んでくれるCMシリーズというを売りにしてもいいんじゃいか。

もちろん、そのためのCMを作ってはいけない、新商品や企業宣伝のCMの内容にうまく埋め込んで行く、知らず知らずに何らかの知識が頭の中に蓄積されていく、そんなCM。

歴史、算数、数学、物理、化学、古典、語学などなど・・・・CM見たから覚えちゃった・・・となるような。

実際には、今も、今までにもそんなCMはたくさんあったんだけど・・・。

もっともっと増えると、楽しいとおもうんだけどなあ。子どもの頭がよくなるってのもいいけど、大人だって、知らないことはたくさん有るから、いろんな知識が増えると楽しめると思うけどなあ。それに、親が子どもに「TVなんか見ちゃだめ」って言わないから、視聴率あがるんじゃない??? そう甘くないか。
[PR]

by hunau | 2005-10-20 13:21 | 日常
2005年 10月 17日
トップは独走・・・・でも、違うのは
夜のデスクワークだったので、昼間自宅にてCATVでS-GTとF1を見ていた。

F1が始まる15時まではS-GTを見ていたが、15時直前くらいにポールからスタートしてトップを快走しているARTA NSXがピットイン。ピットの入り口でNSXの前にトラブルでスロー走行しているGT300のポルシェが、反射的に「抜くなよそれ、ラルフ」と声が出たが、ありゃりゃあ、抜いちゃった。

普通ピットレーンは追い抜き禁止だから、ペナルティの対象になるんじゃないかと気になってなかなかチャンネルが変えられない。しかし、F1のスタートが見れないのはつらいので、チャンネルを変えると、マシンはすでにグリッドに着いていて、ちょうどフォーメーションラップ開始の直前というタイミング、解説陣の話を聞いているとミハエルとアルバースが接触したとかなんとか・・・なんじゃそれ??? 日曜日は朝のフリーもないし、フォーメーションラップの前にぶつかるって、グリッドにつくためのインラップでぶつかったのか??? ラルフィが中途半端なことするから見れなかったよ。

その後も基本的にF1でたまにGTにチャンネルを変えて、という感じで見ていたけど、ほんのちょっとGTに行っている間に何かが起こる・・・チャンネルをF1に戻すとSCが入るということに。

最初はモントーヤがなんか踏んだってんだけど、映像はみていたが、チャンネル変えたばかりで集中してみてなかったからか、踏んだの気がつかなかったが・・・あんなモン踏めばマシン壊れるって・・・モントーヤの不運は天下一品。

その次もGTを見ていて、チャンネルを戻すと変な形になってしまった黄色い車からドライバーが這い出そうとしているところだった。そして、またSCが・・・。

GTの方では、カルソニックZがARTA NSXには及ばないものの上位を快走していたはずなのに、突然順位がさがっている。わけがわからんが、ある周のラップが極端に遅い、井出君飛び出したの???、ではなかったようで順位争いしていた#3のZと何かあったようで、ピットインしてドライバー交代した時の星野監督がコマス選手にえらい剣幕で飛び掛ったとか、掛かってないとか。「おおおっ、星野劇場開演」と映像を待つが出ませんでした。井出選手もかなりの勢いで抗議にいったとか・・・

それ以外でもなぜだかスープラ同士で接触して、リタイヤしたり順位下げたり、ペナルティが出たりとしている。

そんな熱い熱い男たちが戦っているのに、最後はシリーズタイトル獲得のために、トヨタ、ニッサンは、現在のランキング上位のマシンをチャンピオンへの可能性を残し、最終戦ですこしでも優位に戦うたための順位調整をしてしまう。美祢で開催されていた時から、このラス前のGTはいつもこういうことが起こる・・・・それでいいのかよ・・・

F1の方もアロンソはトップ独走。後の方は、それぞれが、前を狙うという戦いを続け、最後の最後まで、ギリギリの駆け引きが続いていた。スタートから通してアロンソの独走は変わらないものの、その後ろはいろいろあって面白かった。

GTもF1もトップが独走して、後ろでごちゃごちゃという同じようなストーリーながら、F1はみんな真剣勝負でギリギリバトルを展開、GTは・・・・・なんだかなあ。
[PR]

by hunau | 2005-10-17 18:10 | モータースポーツ