<   2005年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2005年 12月 31日
本年もお世話になりました
2005年も後わずかになりました。
本年も、いろんな方面のいろんな方々に大変お世話になりました。
本当に、ありがとうございました。
[PR]

by hunau | 2005-12-31 22:15 | 日常
2005年 12月 30日
いよいよ、今年もあとわずか
本日は、写真仲間が集まっての忘年会でした。
c0009443_2364089.jpg
少し早く着いてしまい、だれも居ないテーブルでひとり待ちぼうけ・・・
c0009443_2364965.jpg

毎年、「新年会か忘年会を」と言いながらも、なかなか都合が合わずに「無し」だった年もありましたが、今年は、なぜだかわざわざ名古屋、三重の中部組も参加してのにぎやかな宴となりました。
c0009443_2365933.jpg

もうすぐ日付は変って、31日。大晦日ですね。
[PR]

by hunau | 2005-12-30 23:55 | 日常
2005年 12月 28日
変わる
今日、通勤で乗ったJRの普通電車は、最新車種なのか初めて遭遇した車両だった。
c0009443_19391523.jpg
路線の案内も広告も液晶画面に表示される。
[PR]

by hunau | 2005-12-28 19:39 | 日常
2005年 12月 25日
メリー・クリスマス
c0009443_0392728.jpg
みなさんに良い明日が、良い新年が訪れますように。

More
[PR]

by hunau | 2005-12-25 00:39 | 日常
2005年 12月 23日
今日のご出勤
c0009443_21204632.jpg
建物の北側には、まだ昨日の雪がとけずに凍り付いて残っている。
c0009443_18584112.jpg
バス停に向かう道。昨日はここも真っ白だったのですが、とけてしまいました。そして、昨日は積雪を理由にバスが運休していた。
c0009443_1906100.jpg
ちょっと寄り道して買い物。
c0009443_1904286.jpg

[PR]

by hunau | 2005-12-23 19:13 | 日常
2005年 12月 22日
大寒波だそうで・・・我が家の周辺でも何年ぶりかの大雪です。
c0009443_17412219.jpg
軌跡・・・滑ったのね少し。

我が家の周りを散策しました・・・

追加写真
[PR]

by hunau | 2005-12-22 17:41 | 日常
2005年 12月 22日
ありふれた日々
何も無い、特別なことは何も無い。
そんな日々が大切な時間であると感じられなければ・・・いつシャッターを切ればいいか永遠に分からなくなってしまう。
c0009443_1154241.jpg
c0009443_1174142.jpg
c0009443_1213973.jpg

[PR]

by hunau | 2005-12-22 01:18 | 日常
2005年 12月 20日
世界とつながる方法・・・
娘が祖父母にねだって買ってもらった、クリスマスプレゼントのゲームソフトは、世界へのとびらを持っていた。

USBコードでPCと繋いだり、無線LANを介して、インターネットに漕ぎ出し、対戦相手探す。
c0009443_2431783.jpg

自分が幼年だった頃なら想像の世界、未来の夢の話だったに違いない。

しかし、現代はそういう時代なのだ。
インターネットという網でつながっている我々の世界は、広いのか狭いのかまったく訳がわからない。時間距離、物理的な距離、ネットの距離・・・距離、時間に対する感覚は変化しつづけているのか。
c0009443_2432354.jpg

実際に時間つぶしに私もよくこのゲームをやっている。単純にスタンドアローンでコンピューター相手に対戦するより、遥かにスリリングでワクワクするのも事実なのだ。

身近であるはずの地域のつながりが稀薄になりつつあるなか、世界のどこかの誰かと対戦できる、それは幸せなのか、不幸せなのか。
[PR]

by hunau | 2005-12-20 02:43 | 日常
2005年 12月 19日
1リットルの涙
ドラマ「1リットルの涙」。
なにげなく、見始めたこのドラマのおかげで、涙を抑えることが不可能な火曜日を毎週迎えています。

それも、今週の火曜日(最終回)に大泣きして終わってしまうのかもしれない。
はたして、それでいいのだろうか。

内容を詳しくは書きません。

この物語は、実在の人物が自分の身に訪れた「やまい」と過ごした日々がつづられています。

泣いている自分が、あまりに惨めです。原作者は泣かれたいから、同情して欲しいから、自分のことを綴ったわけではないのに、私は彼女が望んでいないだろうという気持ちを自分の中に広げてしまいます。そして、泣いてしまいます。

泣いているのは、立場が違うから? 彼女を襲った病気の現実を知り、病気の進行の過程を知り、「もし自分なら」と思い、自分とは違うということを確認しているから・・・。

だれかを「かわいそう」と感じて流す涙には、自分の傲慢な部分が含まれているのではないか、優位な立場でいることを確認しているだけではないのか、思い上がりでしかないのではないか、そんなことを考えさせられるこのドラマ。

絶望以上の「絶対的な絶望」を前に、彼女は精一杯、力の限り自分でありつづけようとした。

その姿に涙するとき、少し違う涙なのだと自分に言い聞かせる。それは、賛辞の涙なのだと。

私は、だらだら生きているだけで、まだまだなにも出来ていない・・・・
このドラマを忘れることは無いかもしれない。
忘れるわけには、いかない。
[PR]

by hunau | 2005-12-19 02:11 | 日常
2005年 12月 17日
日本酒
日本酒って、飲まないんですよねぇ、ふだん私は。
ビールと焼酎がスタンダードですね。そして、ワイン、ちゃんとシャンパーニュを飲むこともありますがスパークリングワイン。
c0009443_333257.jpg

日本酒は、本当にたくさんの種類があるのに、めったに飲まないですね。

先日、お誘いがあり、人様の御代で美味しいお寿司をいただきました。その時に日本酒を久しぶりに飲んだのですが、日本酒ってちびちび飲むとお酒そのものの美味しさというよりも、寿司を引き立ててくれるのを再確認しました。
[PR]

by hunau | 2005-12-17 03:22 | 食い意地