<   2009年 01月 ( 47 )   > この月の画像一覧

2009年 01月 31日
ことば
c0009443_20534395.jpg
中学の卒業式で、校長は「みなさんに、三つの『き』を贈りたい」と、はなむけの言葉を語った。

そんな30年以上も前のことを、私のような人間が、覚えているなんて、「信じられない」と、思う
人がほとんどではないかとは思うが・・・へんなことに対しては、なぜか物覚えが良いようだ。

それは、「やる気」「根気」「元気」の三つの「気」だった。

見事に、この三つの「気」を中学校に置き忘れたまま卒業してきたことが、証明されている。

もともと、国語が大の苦手で、中学一年最初の中間テストは国語の点数だけ飛びぬけて低かった・・・
この時点で、「国語は苦手なんだ」と、言う固定観念を自分にしっかり植え付けた。

そんな自分が、ことばを扱う仕事に就くとは夢にも思っていなかったが・・・

以前に書いた「姑息」は「卑怯の意味ではない」とか、「雨模様」は「雨が降っている天気には
使わない」など、いろいろと間違った使い方があったりするが、本来私がそんなこと常に気にし
て生活しているわけでは、まったくなくて、そりゃもう「適当」「いい加減」が、座右の銘でしょと
言われているくらいである。

しかし、「適当」という言葉は、「びったりと合っている」と、言う意味なので、悪い意味ではない
し、「いい加減」にしても「良い加減」ということだから、いい塩梅のことを指しているわけだから、
座右の銘にするには、悪くない言葉と思う。

・情けは人のためならず
 フランスで親切にしてもらった、その気持ちが先日のドイツからのお客さんを案内するという
気持ちにつながった。これは、めぐりめぐっている「情け」の連鎖だと思う。ただ、フランスや
ドイツで「情けは人のためならず」と、言うことわざがあるのかどうか???

 本来は、ワールドワイドな規模での話しではなくて、日ごろから周りの人に情けを持って接す
ること、親切や人助けをしていることで、その情けは、めぐりめぐって自分のところにも帰ってく
るものだよ。だから、人のためではなく、自分のためだと思って情けをかけて人助けしましょう。
と、言うような意味合いのことわざ。

 でっ、このことわざの意味を、かなりの割合の人が違う解釈をしているというデータもあるらしい。

 「情けをかけて助け、その場をしのいでも、根本的にはその人のためにはならない」と、解釈
して、「情けをかけるのはその人のためにならない」と、言う意味のことわざだと思っているらしい。

なるほど・・・クールである。

・確信犯
 「あいつの場合、確信犯だからなぁ」

 などと使うが、これも誤った解釈で使われていることが多いようだ。

「悪いことだ、間違っているとわかっているけど、その行為を行う」

と、いう意味で使っている例があるが、これは、違っていて本当は、

「正しいことだと信じて、その行為を行う」

と、言うのが、正しい意味。


ところで、「はなむけ」の言葉とか良くいいますが、この「はなむけ」って、どういうところから
言われるようになったか、知っておられます???

今日は・・・昼間、中学の横を通ったこともあって、ふと、こんな話になってしまったようで・・・???
[PR]

by hunau | 2009-01-31 21:24 | 日常
2009年 01月 31日
Home たうん
昨夜は「20世紀少年」の第一作の特別版が放送されていましたが、あの世代は、
まさに私の世代もかぶっている。

今日は、駅前の商店街を久しぶりに、歩きました・・・

変わっていたり、変わっていなかったり・・・

変わっていない所をみつけると・・・ついシャッターを。
c0009443_19573045.jpg
c0009443_19574158.jpg
c0009443_19574991.jpg
c0009443_1958176.jpg
c0009443_1958928.jpg
c0009443_19581877.jpg
c0009443_19582672.jpg
c0009443_19583634.jpg
c0009443_19592874.jpg
c0009443_1959505.jpg
c0009443_2005088.jpg

[PR]

by hunau | 2009-01-31 20:04 | スナップ
2009年 01月 30日
ご飯用の土鍋と「つぅげざぁ」
相棒が、ご飯を炊くのための土鍋を見つけて、買ってきた。
c0009443_0443498.jpg
もちろん、おコメは・・・「吉事舞い」。
きっと、いいことあるぞ。

そんなわけで、写真を処理しながら、「琥珀」を
c0009443_0454926.jpg


本日の帰宅どきに、バス停に行くと、いつも乗るバスが出たばかりで、次のバスを待っている
よりも、ちょっと、自宅とバス停の距離が遠い、もうひとつのバス路線で帰ることを選んだ。

バスに乗り込んで、発車を待っていると、外国人の若いカップルが乗り込んできて、運転手に
なにやら英語で話しかけている。この二人、駅の改札で駅員と話していたのを目撃していた。

どうやら、話は通じたようで、目的地を確認したり、両替をしたりと用事をすませて二人は席に。

この駅から外国人がバスに乗るのは珍しくない。
JICAに向かう外国人が多いからだが、このバス路線ではJICAに行くには、相当歩かねば
ならない。となると、いったいどこに行くのだろう???

乗り間違えていなければ良いが・・・

バスが走り出して、そんなことを思っていた。2002年、2004年とフランス・Le Mansに行った
時、言葉の通じない、異国のバスにのり不安だった記憶がよみがえった。その時Le Mansの
街の人たちは、本当に温かく親切に私を助けてくれたことを思い出していた。

JICAに行くのではないならぁ・・・・・あっ、あそこかもしれないなあ~
思い当たる場所がひとつあった。

バスは、私の目的のバス停に着き、降りた。その外国人カップルも降りてきた。
ブロンドのストレートヘアの小柄な彼女が、女性を捕まえてなにやら話しをはじめていた、
私のちょうど横に、背の高い細身の彼が立っていたこともあり、ふと目があった「ハロー」と彼は
私に声をかけてきた。私も、「はろー」とひらがなで答えた。

「らいと・おぶ・ちゃぺる」という単語が聞き取れた。「いえす、あいのう」と答える。
やはり想像していた通り、彼らの目的地は、「光の教会」だった。

実は、彼の横に突っ立っていたのは、偶然ではなく、彼らがもし迷うようなら、なんとか手助け
してあげたいなあ~と、Le Mansでのことを思い出したこともあり、大それたことを考えていた。

彼女は、帰りのバスの時間を確認していたようだった。

彼は、場所を教えてくださいというような、英語を話したように思う。

バスの中で、もし、教会に行くのだったら、どう説明しようと考えていたけど、返事はもう決めて
いた「つぅげざ~」と答え。
一緒に歩き出した。

どうせ、ちょっと寄り道するだけで、帰り道だ。こんななんにもない住宅街で迷ったらどうにも
こうにも、心細いに違いない。一緒に行けば、なんの問題もない。

彼らは、「フロム・ジャーマニー」と言ったので、「じゃぁまにぃ!!!(ドイツからきたんかい)」と
関西弁ふうに感嘆の声を上げてしまった。

私は、本当に英語ができない・・・高校生の時の英語の成績の悲惨な栄光は見事なモノだ・・・
そして、社会人になってからも英語なんてなくても生きてこれていたのだ・・・日本はそういう国だ。

「まい・いんぐりっしゅ・べりー・ぷあ」「すぴぃく、あっりるびっ」とか言いながら、わかるやらわか
らないやらの会話をしながら、教会に向かって歩く、「日本は寒いか」ときいてみたり、
「どいつのほうがさむいか」とか聞いてみたり、「どいつにも四季があるのか」と、言ってみたり。

ほんと・・・わたしゃ、正直もうすこし英語を「聞き話し」できたら、楽しいだろうと思った。
「読み書き」より、やっぱりコミュニケーションは「聞き話し」だわいっ。

彼女の方が「教会まで、どれくらいなの」というようなことを言ったように思う・・・「じゃすと・わん・
みにっつ」と、言うと、「ワオッ、ワン・ミニッツ」と、言っておりましたわっ。

教会に到着したのですが・・・残念ながら19時近くとなっていて、クローズしていた。
おもわず、「いっつ、くろーず」と声がでしまたわい・・・彼が「・・・レイト」と言ったのはわかった。

二人は、なんども「サンキュー」を繰り返し、日本語でも「ありがとう」と言ってくれた。
私は、こんな状況なのに「はぶ・あ・ぐっ・たいむ」と言って、その場を去り家路についた・・・
[PR]

by hunau | 2009-01-30 00:45 | 日常
2009年 01月 29日
王冠の誘惑
c0009443_14134550.jpg
最近、自分の手で栓抜きを使って、王冠を引き抜くという動作をした記憶がない・・・

王冠の形って、なんとも魅力がある。

昔・・・・それは、もう太古の大昔??
王冠の裏にはコルクが貼り付けてあり、そのコルクをうまくはがすと、王冠はバッジになつた。

服など布モノのつけたい位置に王冠をあてて、布の裏からコルクを押し付けて、圧着すると
バッジのように、張り付く。

そんなことをしていたのは、もちろん小学生のころだろう・・・

いつの頃からから、王冠の裏はコルクではなくなってしまった・・・
(ちなみに、王冠の裏のパッキンをはがすと「あたり」が出る清涼飲料もありましたねぇ~)

同じように、清酒のふたも、昔は瓶の口に押し込むところがコルクだった。

これも、コルクの部分をはずして、ラベルとなっている部分をコインにようして、机の上で
はじいて遊んだ・・・小学生低学年の頃。
漆塗りの机の上で、遊んで傷だらけにして、母親にめちゃくちゃ叱られた・・・とほほほっ。

なぜか、近くのため池近くにたくさん落ちていて、友人たちと集めては、銘柄を比べあった。
日本盛などは良く見つかるが、剣菱はなかなか見つからなかった。

友人は「"ざら"やなっ」と言って、日本盛では振り向かない・・・
「ざら」という言葉をその時覚えたという記憶が残っている。
[PR]

by hunau | 2009-01-29 14:13 | スナップ
2009年 01月 27日
東京・蒲田
羽田から中目黒へ行くのに、京急・蒲田から東急・蒲田で乗り換えようと思い、1kmほどを
歩いてみました。

c0009443_3522742.jpg
c0009443_3525588.jpg
c0009443_353519.jpg
c0009443_353121.jpg
c0009443_3533388.jpg
c0009443_3534091.jpg
c0009443_3534741.jpg

一枚だけカラーにしたのは、意図的なものです。
[PR]

by hunau | 2009-01-27 03:56 | スナップ
2009年 01月 27日
吾が心 凡人ゆえに 乱れ散り 
c0009443_3433889.jpg

(ロケ地 東京・蒲田)  カラオケか??

・・・・季語がない!!
[PR]

by hunau | 2009-01-27 03:44 | スナップ
2009年 01月 25日
待ち人へ 想い馳せる 長き影
c0009443_23212713.jpg

[PR]

by hunau | 2009-01-25 23:21 | スナップ
2009年 01月 25日
駅にて
c0009443_2052294.jpg
c0009443_20521020.jpg
c0009443_20531955.jpg
c0009443_20533746.jpg
c0009443_20535210.jpg

[PR]

by hunau | 2009-01-25 20:53 | スナップ
2009年 01月 25日
アメリカ村・・・8枚目
c0009443_212249.jpg

[PR]

by hunau | 2009-01-25 02:11 | スナップ
2009年 01月 25日
アメリカ村・・・7枚目
c0009443_211330.jpg

[PR]

by hunau | 2009-01-25 02:11 | スナップ