タグ:D35 f1.4 ( 40 ) タグの人気記事

2010年 09月 20日
なごりの花火
敬老の日なので??? 孫…いやaoさんが遊びにきてくれました

そして、猛暑なごりの花火など…
花火の光にモフが浮かび上がる幻想的な…aoさん
c0009443_2122647.jpg
最初は、怖くて逃げ回っていたのですが、一緒にもってもらうと出来るようなり…
c0009443_21221435.jpg
終了近くになると、aoさん1人で持てるようになりました。
c0009443_21174777.jpg
さらに、「にこっ」して~とリクエストすると…

aoさ~ん にこっして~
[PR]

by hunau | 2010-09-20 21:18 | 日常
2009年 05月 12日
やっぱ・・・きついなぁ~
そりゃ無理して使う必要はないのですが・・・
なにを思ったか、娘がくれた「誕プレ」は、このイヤーホーンと携帯を入れるポーチ。
c0009443_22343484.jpg

前の携帯でも結局ほとんど携帯に入れた音楽は聞かなかった・・・
だって・・・音が悪いんだから仕方ない・・・
長い間聞いていると頭が痛くなるし・・・

まあ、しかしせっかくもらったし、新しい携帯iida G9には、まだまったく音楽を入れてなかったので、
このイヤーホーンをためしに使うために、入れてみることにした。

しかし、いい年こいたおっさんが、耳からこんなのはやしてたら・・・

それに、やっぱり音質的になじめないです・・・きついです・・・つらいなあ~
[PR]

by hunau | 2009-05-12 22:34 | 音楽
2009年 05月 12日
一年ほど放置・・・
昨年、人間ドックを受けた時に、便に潜血があるとの検査結果で、大腸の検査をするようにといわれて
いたのですが、一年ほど放置しておりましたら、やっぱり「検査に行って下さい」と強制的に予約を入れ
られてしまいました。

その予約日が今日でして・・・

仕方が無いので、行ってきました。

9:00にクリニックに付き、洗浄剤なるもの250ccを15分おき8回飲みまして、腸の中を綺麗に・・・
その間、そしてその後は、トイレがお友達です・・・

検査は13時から・・・

待っている間、クリニックに備え付けのゴルゴ13を三冊読みました。

結果的には、ポリープがひとつ見つかって、その場で削除・・・

今日は、某黒い大魔神さんやshihoさんの生誕の日ですから、悪いことが起こるわけもなく無事に終了。


空腹でくらくらしながら、駅前第三ビルの玉五郎でつけ麺を食べて帰宅して、横になっておりました。
c0009443_2004232.jpg
私はauユーザーですけどねぇ~
[PR]

by hunau | 2009-05-12 18:27 | 日常
2009年 05月 09日
プレゼント
職場の派遣のお嬢さんからいただきました…昨日、誕生日だったからねぇ~
c0009443_1364251.jpg
間違いなく、娘にとられてしまうでしょうが…今は、試験勉強真っ只中でありますが…

そういえば、これをくれたお嬢さんの誕生日は5/12で、某黒い大魔神さんと同じなんですよね~

きしくもこんなのも届きました
[PR]

by hunau | 2009-05-09 23:59 | 日常
2009年 05月 05日
携帯電話のバッテリー
新しい携帯電話、auのiida G9に機種変更してから、どうもバッテリーのもちが悪いような気がして、
本日、なにか設定でバッテリーを良く食うのがあるのか、節電設定がないか、auショップに寄って聞いてみました。

私 「あの~、先日これ(iida G9)に変えてから、バッテリーが3日しか持たないんですけど・・・」
店員 「そうですか、3日も持てば長持ちの部類ですよ、最近の機種としては」
私 「えええっ、そうなんですか???」
店員 「最近の機種では、3日は長持ちですねぇ」
私 「何泊もする出先に充電器忘れたらどうにもなりませんよ」
店員 「そうですねぇ~」
私 「使えない携帯ですねぇ」
店員 「バッテリーがよくなっていますので、毎日充電していたくのが良いかと思います」
私 「面倒ですよそれ・・・前のは10日くらい平気でしたよ」
店員 「申し訳ありません・・・」
私 「しかも、これグローバル携帯で海外でも使えますよね、バタバタと出かけて充電器忘れたらもうどうにもならないじゃないですか」
<<別に私が、頻繁に海外に行っているわけじゃないのに・・・
c0009443_13424792.jpg


・・・というわけで、水掛け論にしかならないので・・・やめました。

使えないぞっ、最近の携帯<<ひとくくりにするなって???

使えないぞっ、iida G9!!
[PR]

by hunau | 2009-05-05 13:31 | 日常
2009年 02月 20日
グラッパ
c0009443_224337.jpg

[PR]

by hunau | 2009-02-20 02:24 | 日常
2008年 08月 12日
そうめん
なんと・・・この夏初めてのそうめんです。
お昼ごはんにいただきました。
c0009443_18115970.jpg
薬味は生姜と庭に群生している青シソです。
[PR]

by hunau | 2008-08-12 18:13 | 食い意地
2008年 07月 09日
LPに戻ることは・・・
先日、梅田のストリートライブで、歌声を聴いていて、その場で聴く声の存在感、
人が肌で感じる部分、その時間を供するという意味。そして、雑踏の中ではあっても、
その音楽は確実に耳に届き、二度と戻ってこない、空気の中に消えて行く。
そんなことをふと思いながら、思い出したのが、ジャズ・マルチリードプレーヤーである
エリック・ドルフィがアルバム・ラストデイトでつぶやいている、同じ意味の言葉。

When you hear music,after it's over,
it's gone in the air.
You can never capture it again.

アーティストがもうこれ以上無いという演奏をし、燃え尽きたと感じたその音は空気に
消えていった。なのに、われわれは、それを録音という技術で残して、そのアーチストが
世を去った後でも、聞き続けている。取り戻すことができないと、言われたその音を
求めて、ああだここうだとオーディオ機器を論じている、ある意味でまったくナンセンス
なことだと思う。(以前、一関のJAZZ喫茶ベイシー店主もエッセイで似たことを書いていた)

「これっきり、これが最高」

その生の演奏は、けっして戻ってこない。これは、事実であり曲げようが無い。
どんなに技術が進歩したといっても、やはり、まがい物であるのだろう。

それでも、人は・・・録音された音楽を聴くという技術と文化を持っている。
c0009443_216346.jpg

音楽が電気信号で再生されるようになったのはすでに、もう遠い昔のこと。そして、現在は
デジタルデータとなり、ネットを駆け巡っている。アナログデータの時代は、コピーするごとに
音質は劣化する運命にあったが、デジタルデータはコピーしても劣化しない。

果たして、本当にこれが音楽を楽しむ環境を豊かなものにしているのだろうか??
c0009443_2164398.jpg

もう、とうの昔に一般的には、LPもEPも実生活からは、消え去っている。

CDが出現した当時は、「音が悪い」と敬遠していた人も新譜を聴きたければ、もう流れに逆らえない。

聴く側は、聴く側でLPやテープからCD、MD、DVD、シリコンディスク・・・さまざまな、メディア
での音楽の保存、再生を試みて、いろいろなことを考えてみたりしているに違いない・・・・

自分の作品として、アルバムを発信しているアーティストの立場では、どうなのだろう???

録音や編集技術がデジタル化されたことで、CDやDVDなどが個人でも作れる時代。
メジャー販売ルートに乗らなくて良いとか、出来上がりのレベルを論じないならば、CDデビュー
はある意味、いつでもすぐにできるんじゃないかと???

多くの人に聞いてもらいたい、知ってもらいたい、作品を供給するための媒体が手軽に
手にはいる、デジタル環境はもってこいなのかもれない。

多くの人の手元に自分たちの自信作を届けた、その思いが届き、多くの人に聴いて
もえるようになり、支持されるようになった、喜ばしい結果・・・・しかし、その後はどうだろう・・・

聴きたい音楽を手に入れるために、対価を支払う。昔なら当たり前だったこの前提が崩れて
行こうとしているのは、今に始まったことではないにしても、その速度は加速している。

コピーしても劣化しない。同じクオリティのものが安価で手に入る。
同じものなら安く手に入るほうが良いに決まっている・・・それで、いいのか。

アーティストの作品を購入することは、物理的なメディアを手に入れる対価としてだけではなく、
そのアーティストの活動を支援することでもある。アーティストの生活を支える力でもある。

もうLPに戻ることはないだろうが・・・・
もし、多くのメジャーアーティストが自分たちの渾身の新作をLPでしか、リリースしなくなったら??

世間は、騒然となるのではないかとちょっと不謹慎に笑いがこみ上げる。
聴きたいのに聴けない・・・「どうすれば聴けるの???」と大騒ぎになったりして・・・
それなりに、経済活性が起こりそうな気がするのだけど・・・甘い考えでしょうね。

でも、CDを作るコストは非常に低くて、今ではLPは、手間のかかるメディアなので
あらゆる面で不利であり、まずもってLPは最も不便なメディアと言っても過言でない。
少々の音質の良さなど、よほどの好きモノにしかわからないと言われたらそれまで・・・である。

安易な考えかもしれないが、LPやEPと同じものをコピーすることはいまのところ難しい、
コピーをするのには、再生してそれを録音するという手間がかかり、基本的に演奏時間と同等の
時間が必要でになり、デジタルデータをコピーするように簡単にはいなかない。

LPのジャケットはほどよい大きさで、魅力的なアートでもあるから所有欲をかきたてるかもしれない。

LP復権・・・ありえないこととは思っていても、そうなれば・・・

アナログ・オーディオ市場がにぎわって、ピュア・オーディオが見直されて・・・
多くの新しい技術が投入されたアナログオーディオが世に放たれて、ターンテーブルなど
新技術をもって聞かせる新製品が登場するのではないか・・・
なんて、ふと考えてしまう。そんな甘い公式が成り立つわけも無いのに。

そして、また聴く側の勝手な論理に戻ってしまっている・・・・
[PR]

by hunau | 2008-07-09 23:38 | レコード
2008年 06月 30日
そんなに・・・増えてはいない??
今日、雑談していてR-D1で使うレンズにたくさん投資してますよね~と言う話がでましたが、
意外に物欲はおさまっていますよ・・・R-D1のレンズ購入については。

先日のCANON 35mm F1.5が久々の購入というところです。
最初は、ノクトンクラシック35mm F1.4を購入するつもりで、ノクトンクラシック40mm F1.4を
手放して予算つくりしたのに・・・CANON 35mm F1.5を買ってしまったわけですが・・・
c0009443_2254617.jpg
今では、常用レンズとなっていて、つけっばなし。35mmという焦点距離が気にってしまったこともあり、
正直なところ他の35mmレンズが気になってしかたない。ツァイスの35mm F2.0とかズマロン35mm f3.5とか・・・

でっ・・・並べて写真をとって見ましたが・・・アベノン21mm F2.8を入れ忘れた。
まあ、それは、おいて置いて・・・

古いレンズで言えばCANONの35mmと50mmですが・・・発売年を改めて調べてみましたら。

CANON 50mm f1.2 1956年(昭和31年)9月
CANON 35mm f1.5 1958年(昭和33年)8月

ということでした。もちろん、手元にあるレンズがこの年に生産されたものであるというわけでは
なくて、それ以降に作られたということなんですが、それでもすでに40年前後の時を経たレンズで
あることは、まず間違いないようです。
[PR]

by hunau | 2008-06-30 02:25 | カメラ・レンズなど
2008年 06月 26日
期間限定
あちらにも、こちらにも「期間限定」の文字に弱い方々が多いので、
こちらも、負けじと・・・・
c0009443_1701752.jpg
期間限定 キャラメル・コーン クリームソーダ味
[PR]

by hunau | 2008-06-26 16:59 | 食い意地